スリープロエージェンシーら、SMSを活用した代金収納サービスを提供

スリープロエージェンシーら、SMSを活用した代金収納サービスを提供

画像提供:マイナビニュース

ITを中心としたBPO事業などを展開するスリープログループの子会社・スリープロエージェンシーと、決済サービスプロバイダのゼウスは7月14日、業務提携契約を締結。スリープロエージェンシーが提供するSMSを活用して、請求通知からクレジットカード決済までをパッケージ化した代金収納サービス「Payment Mail」の提供を開始したと発表した。

携帯電話番号を宛先として短いメッセージを送受信するSMSは到達率及び開封率が高いため、さまざまな業界が郵便や電話、メールの代替手段として活用し始めているという。

同サービスは、加盟事業者から対象の顧客へSMSを一斉送信し、SMSに表示された決済案内画面からクレジットカードで利用料金を支払うというもの。追加のシステム開発や特別な機器等は必要なく、低コストかつ短期間で導入することが可能であり事業者と顧客の双方にスムーズな支払い手続きを提供できるという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)