DMM、Pepperをステッカーでカスタムする企業向けサービス「Pwrap」を開始

DMM、Pepperをステッカーでカスタムする企業向けサービス「Pwrap」を開始

画像提供:マイナビニュース

DMM.comは、7月13日よりソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」のステッカー作成サービス「Pwrap」の受付を開始した。同サービスは、Pepperにステッカーやラッピングを施すことで、企業の個性や特長を表現できるものだ。

同サービスは、ソフトバンクロボティクスの認定試験を通過しており、ステッカーを貼った状態でも通常のPepperと同様の保証を受けられることや、価格の異なるプランを選択できることが特長だ。

ベーシックプランはデザイン可能範囲が設定されており、ロゴやフェイスカスタムなどがパッケージングされているもので、範囲内であれば自由にカスタマイズできる。ステッカーの貼り付けもサービス内に含まれており、ユーザーはPepperを指定の送り先へ送付する必要がある。価格は、プランSが5万7,000円、プランMが10万3,000円、プランLが19万8,000円となっており、それぞれでカスタマイズできる範囲が異なる。

また、セルフプランは貼り付けをユーザー自身で行うことで、前述のプランより安価に利用可能なプランとなっている。デザインできるのはロゴのみで、価格は2万9,800円。

なお、同サービスは「Pepper for Biz」モデルのみの対応となっており、一般販売モデルのPepperには対応していない。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)