DNP、テストをクラウド上で分析し、生徒の能力に合った個別教材提供

DNP、テストをクラウド上で分析し、生徒の能力に合った個別教材提供

画像提供:マイナビニュース

大日本印刷(DNP)は、小学校で月1〜2回の頻度で実施している日常のテスト(単元/期末テスト)をクラウド上のシステムでテスト結果を自動的に分析し、児童・生徒の能力特性に合った個別教材を提供するサービスを9月より開始すると発表した。すでに、
奈良県奈良市の全市立小学校にあたる43校の4年生の授業で、採用が決定したという。

今回DNPは、評価と指導の一体化に力点を置き、月1〜2回のテスト実施後に、クラウド上のシステムでテストの回答内容を自動的に分析し、個々の児童・生徒の能力特性に合った個別教材を短期間(3日程度)で提供するサービスを開始する。

具体的には、テスト採点後、テスト用紙をスキャニングし、そのデータをDNPのクラウドサーバに送付すると、結果をAIによる分析手法を取り入れた統計処理により自動的に分析する。各問の正誤データから個々の児童・生徒の能力特性を詳細に分析でき、通常は1回のテストで数段階の復習教材を用意するのが限界だったのに対し、算数では1回のテストにつき最大約6万通りの能力特性に合わせた個別教材を提供できるようになるという。

能力特性別復習教材は、紙教材またはタブレット端末向けのデジタル教材のいずれかを選択でき、紙教材を提供する際は、個別に指定された問題シートを児童・生徒ごとに冊子にして学校に届けるサービスも用意する。

DNPは今後、今年度に奈良市以外の自治体での導入に向けた実証、タブレット端末向けのデジタル復習教材を提供する実証も計画しており、単元/期末テストの結果だけではなく、授業や宿題などへの取り組み状況といった情報もデータとして蓄積し、本システムで分析することで、学習指導への活用を目指す。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)