カルソニックカンセイと仏社が自動車分野のサイバーセキュリティ新会社

カルソニックカンセイと仏社が自動車分野のサイバーセキュリティ新会社

画像提供:マイナビニュース

カルソニックカンセイとフランスのQuarkslabは7月18日、自動車分野のサイバーセキュリティに本格的に取り組むため、合同会社としてWhite Motionを設立したと発表した。

社長には、日本マイクロソフト出身の蔵本雄一氏を迎え、人命を守るという社会的使命/公益性を重視し、独立した会社として設立。主な事業は、車載セキュリティソフトウェアの開発・販売、車載製品のセキュリティ評価、セキュリティ教育、セキュリティコンサルティングとなる。

IoTやコネクテッドカーなど、自動車がインターネットを通じてサイバー空間へとつながり始める状況下において、ハッキングやクラッキング、コンピューターウイルスといった脅威への対策は、自動車の安全や快適、地球環境への配慮の上で喫緊の課題となっており、サイバー空間でのセキュリティ技術は自動車部品メーカーにとって、従来の技術やソフトウェアの延長線上ではなく、未知の領域だったという。

新会社は、両社の経営資源やノウハウを活用し、自動車のセキュリティ向上のためのサービス、技術、製品の提供を通して、顧客ニーズに対応していく考えだ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)