みずほ銀行、スマホ決済アプリ「PayB」の取扱開始

みずほ銀行、スマホ決済アプリ「PayB」の取扱開始

画像提供:マイナビニュース

みずほ銀行は7月18日、ビリングシステムが提供するスマートフォン決済アプリ「PayB(ペイビー)」の取り扱いを開始したと発表した。これにより、コンビニ払込票の支払いがスマートフォンで可能になるという。

PayBは、公共料金や通信販売などの各種支払いで使われる払込票のバーコードを、スマートフォンのカメラ機能で読み取り、みずほ銀行の預金口座からリアルタイムで支払いが可能なサービス。

みずほ銀行に口座を持つ顧客はPayB対応の払込票を金融機関の窓口やコンビニエンスストアに持参することなく、スマートフォンを活用して、いつでも、どこでも、料金を支払うことができるという。また、PayBの利用にみずほ銀行のみずほダイレクト(インターネットバンキング)の契約は不要なため、誰でも利用が可能。

PayBで支払い可能な払込票は、サービス開始日時点では収納代行大手の地銀ネットワークサービスと、PayB利用契約をした地方自治体および収納企業が発行するPayBの記載がある払込票となる。

今後、KDDIが発行する払込票をはじめ、支払い可能な払込票は順次拡大していく方針だ。今後、両社は協力し、顧客に便利な金融サービスを提供できるように取り組んでいくという。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)