SoftBank Ads Platform、新たな動画広告ソリューションの提供を開始

SoftBank Ads Platform、新たな動画広告ソリューションの提供を開始

画像提供:マイナビニュース

ソフトバンクは7月18日、広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」のPrivate Market Place(PMP)サービスにおいて、新たな動画広告ソリューションの提供を開始したと発表した。

同ソリューションは、同フォームの機能を提供するジーニーの広告配信ネットワーク「GenieeSSP」および「GenieeDSP」と、ファイブの提供するプレミアム動画広告マーケットプレイス「*Moments by FIVE」が連携することで実現したもの。

最先端のコーデック形式を採用したFIVEの独自動画プレイヤーにより、広告表示時の読み込み時間がゼロとなったほか、通常のWeb向け動画広告の3分の1から5分の1のデータ通信量に抑制する技術により、テレビCMと同等画質での配信が可能だ。

また、国内大手Webメディアの広告枠に対して動画配信が可能になると同時に、FIVEが持つWeb上の動画広告枠へも配信できるようになった。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)