目前に迫るドライバの感情を理解するクルマの実現-ルネサス

目前に迫るドライバの感情を理解するクルマの実現-ルネサス

画像提供:マイナビニュース

ルネサス エレクトロニクスは7月19日、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」を活用し、感情を持ったクルマがドライバの感情をくみとり、ドライバに合わせて最適な応答が出来るクルマを実現可能な車載情報システム用SoC「R-Car」向け開発キットを発表した。

同キットでは、ドライバの発する声からさまざまな感情を認識し、これに対する応答を、R-Carを介して、クルマがドライバを思いやる新たなUI(ユーザインタフェース)で表現する。これにより、ドライバはクルマとの対話において、言葉の意味だけでなく、それを超えた感情をくみとってもらうことができるようになったり、クルマから適切な応答を受けることが可能となる。

運転中のクルマによるドライバの感情認識について同社では、言葉の上では運転モードの切り替えに同意していても、そのニュアンスから不安を感じとることで、「自動運転を見合わせますか?」といった応答を加えることなども可能になるとしており、新たなサービスやソリューションの開発につなげたいとコメントしている。

なお同キットは年内にリリースされる予定で、感情エンジンに対応し、開発キットを搭載したルネサスの「つながるクルマ」のシミュレータは、ソフトバンクが2017年7月20日・21日に開催するイベント「SoftBank World 2017」にて展示される予定となっている。
(釣見駿)

関連記事(外部サイト)