Pepperがコーヒーの好みを覚えて提供してくれる「ロボカフェ」試験導入

Pepperがコーヒーの好みを覚えて提供してくれる「ロボカフェ」試験導入

画像提供:マイナビニュース

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは、コーヒーマシンと連携したPepperが、顔認証機能を活用してユーザーを記憶、無料でコーヒーを提供するサービス「ロボカフェ」を、ソフトバンク銀座・表参道・六本木の3店舗に試験導入すると発表した。期間は7月19日から8月2日まで。

「ロボカフェ」の利用に際して、ユーザーはPepperとのやりとりの中で「エスプレッソタイプ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」の中からベースとなる「ネスカフェ」の種類を選択し、コーヒーの濃さや量を調整することで注文を行う。その後、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]にユーザーがマグカップをセットし、Pepperの頭を撫でると、コーヒーの抽出が始まる。

また、初回利用時に「お友達登録」することでPepperが注文した人の顔と好みのコーヒーを記憶するため、2回目以降の来店時、Pepperが胸のディスプレイに前回の味を表示する。

なお、同サービスは8月上旬以降に提供予定の「Pepper for Biz」向けロボアプリ「ロボカフェ」を活用しており、「Pepper for Biz」導入企業は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]」と連携させることで、同様のサービスを実現可能だという。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)