セブン&アイ、国内商業施設で初のロボットインフォメーションを導入

セブン&アイ、国内商業施設で初のロボットインフォメーションを導入

画像提供:マイナビニュース

セブン&アイ・ホールディングスは7月19日、愛知県日進市赤池駅至近に、ショッピングモールの五つ星を目指し、洗練された外観デザインと優雅さのある内装、そして約180店舗の専門店からなる「PRIMETREE AKAIKE(プライムツリー赤池)」を2017年11月下旬にオープンすることを発表した。

プライムツリー赤池では、世の中のニーズに寄り添った技術や環境・サービスを用意。ほかの商業施設に先駆けて新たな技術を取り入れた接客や、スタッフが快適に働ける環境作り、そして地域の人々の暮らしに新しさをプラスできる店舗ラインアップなど、顧客や働くスタッフが施設で過ごす時間に満足してもらえるようさまざまな準備を行っている。

その1つとして、国内のショッピングセンターで初めてとなる人体型ロボットインフォメーションを導入。ロボットは、ココロのリアル感のある人体型ロボット「アクトロイド」に、ティファナ・ドットコムの高度な人工知能AI会話型システム「KIZUNA(絆)」を連携させることで、より精度の高い会話ができるようにしたものだ。

これにより、実用性の高いインフォメーションとリアルな案内業務が可能に。外国人の顧客にもスムーズに案内ができるよう、4カ国語機能も導入予定となる。

加えて、「KIZUNA(絆)」をデジタルサイネージにも導入し、精度の高いナビゲーションで案内する無人インフォメーションカウンターも実現。2Dキャラクターによるスムーズなアニメーションと、デジタルサイネージの強みを活かし、商業施設における新しい接客の形を可能とする。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)