サイバネット、可視化ソフト「AVS/Express」を更新- 気象データ対応を強化

サイバネット、可視化ソフト「AVS/Express」を更新- 気象データ対応を強化

画像提供:マイナビニュース

サイバネットシステムは、同社が開発・販売・サポートする汎用可視化ソフトウェア「AVS/Express(エーブイエス・エクスプレス)」の新バージョンVer8.4の販売を開始したことを発表した。

同社では、気象関連研究者を支援するために、ゲリラ豪雨などの局所的気象災害の観測、予測のため空間分解能、時間分解能を高めたレーダーが取得した大規模な観測データから、災害発生時の大気の3次元構造や時系列変化をより詳細に把握するための可視化ツールの開発を行ってきた。

今回の「AVS/Express」のバージョンアップでは、これまでに開発された機能が「気象データ可視化ライブラリ」として追加された。同ライブラリに登録されたアプリケーションを利用することで、気象データの可視化に必要となる地図、高さの凡例、複数等数値面、ボリュームレンダリングをあわせて表示できるほか、統計量表示の機能や雨の様子を表現する新たな手法も用意されている。

また、ドローンによる空撮データの代表的なフォーマットであるOBJフォーマットに対応し、既存のOBJファイルの読み込み機能に、テクスチャの読み込みや表示機能が追加された。 ソフトに取り込まれた建造物等は、ほかの装置で計測された結果(温度など)と重ね合わせることが可能。プロジェクタによる大画面立体視表示やヘッドマウントディスプレイを利用したVR観察を行うこともできる。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)