AIを用いた"声"のプラットフォーム「コエステーション」を活用したサービス

AIを用いた"声"のプラットフォーム「コエステーション」を活用したサービス

画像提供:マイナビニュース

東芝デジタルコミュニケーションズとクリーク・アンド・リバー(C&R)は7月20日、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」の音声合成技術を活用した"声"のプラットフォーム「コエステーション」(β版)を活用したサービスを展開するために、戦略的な協業関係を構築すると発表した。

「コエステーション」はスマートフォンのアプリを使って声の特徴を学習させて、自分の声の分身ともいえる「コエ」を生成し、その「コエ」を使ってSNSやゲームなどさまざまな場面で任意のテキストを発話できるようになるというサービス。

今回2社が協業することで、市場投入の際に必要な声主の権利保護や適切に利用されるための仕組みづくり、高度の犯罪対策などの課題解決を図り、エンターテイメント業界やメディア業界などにも同サービスを展開していく予定だという。

今後はプラットフォーム上に登録されている声優やタレントの「コエ」を使って、ゲームのキャラクターにプレイヤーの名前を呼ばせるなど、録音では対応できない新しい商品・サービスに「コエ」を活用できるようにしていく。

また、アニメ制作会社などの「コエ」のビジネスユーザーには、登録されている膨大な「コエ」の中からニーズに合ったものを見つけてコンテンツ制作に利用できるよう、同プラットフォームを活用していくとしている。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)