IPA、「AI白書 2017」発刊 - 技術動向、利用動向、制度的課題など解説

IPA、「AI白書 2017」発刊 - 技術動向、利用動向、制度的課題など解説

画像提供:マイナビニュース

IPA(情報処理推進機構)は7月20日、ディープラーニングの進展などにより急速に進化を続けるAI(人工知能)について、正しい技術の理解と利用促進を促すため、現時点でのAIを巡る動きを総合し、わかりやすく解説した「AI白書2017」を刊行した。

定価は3300円(税別)、発行は角川アスキー総合研究所、発売はKADOKAWA。

同書では、AIの技術動向の現在と未来、利活用事例、AI関連の制度的課題、国内外の政策など、AIに関連した多様な動向を総合的に解説している。

編集委員7名の顔ぶれは、委員長が中島秀之氏(東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 特任教授)、委員長代理が浅田稔氏(大阪大学 大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 教授)、委員が川上量生氏(ドワンゴ 代表取締役会長)、北野宏明氏(ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長)、喜連川優氏(国立情報学研究所 所長、東京大学生産技術研究所 教授)、辻井潤一氏(国立研究開発法人産業技術総合研究所 フェロー 人工知能研究センター長)、松尾豊氏(東京大学 大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授)となっている。

同書の構成は、第1章技術動向、第2章利用動向、第3章制度的課題への対応動向、第4章政策動向となっている。