Xenomaのスマートアパレル「e-skin」、8月より個人向け提供開始

Xenomaのスマートアパレル「e-skin」、8月より個人向け提供開始

画像提供:マイナビニュース

Xenoma(ゼノマ)は7月19日、「e-skin」を個人向けに提供開始すると発表した。米クラウドファンディングサイトKickstarterを通じ8月2日より開始される。これに伴った製品のアップデートにより、開発環境やモーション判定開発機能の追加、MicrosoftHoloLensなどとの連携が可能になるという。

「e-skin」は、センサーを搭載してユーザーの動きを認識するスマートアパレル。着用するだけで、自身の体をVRなどのゲームのコントローラーとすることができる。また、ジョギングやヨガなどの運動のパフォーマンス解析に用いることも可能だ。

今回、開発環境をこれまでのWindowsとAndroid(Visual C#・Unity)に加え、Java SDK・MacOS・iOSやUnreal Engineなどへの対応を可能にした。さらに、AI初心者でも使用できるディープラーニングによるオリジナルのモーション判定開発機能を追加した。

Kickstarterで同製品が受け取れる支援プランは、先着100セット限定で479ドルから用意され、e-skin Shirt、e-skin Hub、開発用のSDKを含むe-skin Developer's Kitの内容に加え、ミニゲームアプリを選択できるという。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)