ALBERTと大広、購買行動と感情を可視化するデータプラットフォームを提供

ALBERTと大広、購買行動と感情を可視化するデータプラットフォームを提供

画像提供:マイナビニュース

ALBERTと大広は7月20日、共同でユーザーの購買行動(アクションロイヤルティ)と感情(マインドロイヤルティ)の状態を可視化してコミュニケーションの最適化を支援するデータプラットフォーム「カスタマート(customart)」を開発し、同日よりサービスの提供を開始すると発表した。

「カスタマート」は、ユーザーの購買行動と感情の2軸でユーザーの状態を捉えて可視化し、顧客状態ごとのコミュニケーションシナリオ設計に活用できるデータプラットフォーム。ダッシュボードには、自社サイトに訪れたユーザーの状態がロイヤルティマップにプロットされ、現状のボトルネック発見や取り組むべきユーザー群を直感的に把握することができるという。

同サービスのそのほかの主な機能としては、クラスターごとのユーザー数や属性、デバイス利用状況、クラスターごとのCVパスや離脱パスなどのサイト内行動経路、メールマガジンなどのキャンペーン効果の表示とキャンペーン前後でのロイヤルティの変化(2点間推移)の表示などが可能となっている。

同社は導入メリットとして、サイト来訪ユーザーのポテンシャルを可視化でき、プロモーションリストとして抽出が可能なほか、プロモーションによる効果を購入などのアクション軸だけではなく感情変化などのマインド軸でも把握ができる点などを挙げている。

なお、今後、博報堂DYメディアパートナーズの「生活者DMP」や「AudienceOne」などと連係し、より幅広いデータを活用したサービスを提供するとしている。
(辻)

関連記事(外部サイト)