オリックス・レンテック、ディープラーニング用WSの取扱を開始

オリックス・レンテック、ディープラーニング用WSの取扱を開始

画像提供:マイナビニュース

オリックス・レンテックは、GDEPアドバンスのディープラーニング専用ワークステーション(WS)「DeepLearning BOX」のレンタルサービスを開始したことを発表した。レンタル料は32万3,400円/月(税別)で、レンタル期間に応じた割引などが適用される。

DeepLearning BOXは、NVIDIAのGPU「GP100」が搭載され、各種ソフトウェアや開発ツールがすぐに使える状態で組み込まれているため、ユーザーが導入しやすい設計になっているという。

両社は、GDEPアドバンスの製品開発力およびオリックス・レンテックの資産管理ノウハウのコラボレーションにより、ディープラーニングを行うための機器調達の負荷を低減し開発サイクルを短縮することで、技術革新の加速化に貢献していくとしている。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)