ソフトバンクとRPAホールディングスがRPA分野の事業展開で業務提携

ソフトバンクとRPAホールディングスがRPA分野の事業展開で業務提携

画像提供:マイナビニュース

ソフトバンクとRPAホールディングスは7月21日、RPA分野の事業展開に係わる業務提携契約を締結したと発表した。これにより、RPAホールディングスが持つRPA事業のノウハウおよび実績と、ソフトバンクの営業力、顧客基盤、開発力、商品力を組み合わせることで、RPAの普及を加速させ、企業の働き方改革の推進に貢献していくという。

RPAホールディングスは、4000体以上のソフトウェアロボットの導入実績を持つRPAテクノロジーズなどを傘下に持つ企業。RPAテクノロジーズは「BizRobo!(ビズロボ)」をはじめ「Blue Prism(ブループリズム)」「NICE(ナイス)」を中心に、そのほか国内外の主要なRPAツールの取り扱いやエンジニアリング実績を持つという。

両社は今回の提携を通じて、RPA分野の事業展開を共同で行い、一層の市場拡大を目指す。具体的には、ソフトバンクが自社の営業力と法人顧客基盤を生かしてRPAツールの販売を行うほか、両社で日本型RPAに見合った新しいAI×RPAソリューションの開発と導入を行っていく。

また、今後、ソフトバンクが展開するAIやロボット、クラウドサービスなどとRPAツールを連携させ、企業の業務改革を支援する革新的なサービスを開発・提供していく予定だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)