ローム、産業機器などの表示パネルの多色化などを可能とする2色LEDを発表

ローム、産業機器などの表示パネルの多色化などを可能とする2色LEDを発表

画像提供:マイナビニュース

ロームは、産業機器や民生機器の表示パネルにおいて、数字部分の多色化を実現する1608サイズ(1.6mm×0.8mm)の2色チップLED「SML-D22MUW」を開発したと発表した。

同製品は、従来製品比で35%の小型化となる1608サイズのパッケージ内に赤と緑の2色のチップLEDを実装したもの。はんだ侵入防止対策をパッケージに施すことで、樹脂内部のはんだ浸入を防止することができ、信頼性を向上させることも可能だという。

また、パッケージに裏面電極を採用することで、狭間隔での実装を可能としており、これにより、ドットマトリクスなどにおいて、高精細な表示が可能になるとしている。

なお、同製品はすでにサンプル価格50円(税別)にてサンプル出荷を開始しているほか、8月から月産300万個体制で量産出荷を開始する予定だという。
(小林行雄)

関連記事(外部サイト)