東大発のiPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞の基本特許が国内で成立

東大発のiPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞の基本特許が国内で成立

画像提供:マイナビニュース

東京大学(東大)とブライトパス・バイオは7月24日、東大医科学研究所の中内啓光 教授らの研究成果から生まれた、iPS細胞由来の「抗原特異的T細胞の製造方法」が、日本国内において特許を取得したと発表した。

今回成立した特許は、ヒトT細胞から、iPS細胞を経て、細分化させてCD8シングルポジティブ細胞またはCD4シングルポジティブ細胞を作り出し、元のヒトT細胞と同じ TCR(T細胞受容体)遺伝子の再構成パターンを有するT細胞の出現頻度を高くすることを技術的特徴としたもの。従来、体外で機能性の高いCTLを大量に確保するためには、一度iPS細胞へ初期化し、再分化させる方法が検討されていたが、再分化の効率に課題があったが、同特許は、こうした課題を解決するものとなるという。

また、近年、がん免疫細胞療法の1つとして、患者自身の末梢血中のT細胞を加工・培養して投与するT細胞療法の研究開発が進められているが、末梢血採取時や体外処理時にT細胞が疲弊し、機能性が落ちるという問題があったが、同特許技術は、一度iPS化を経ることで抗原特異性を保持したまま生物的活性の面で若返ったT細胞の量産が可能となるため、従来以上の治療効果が期待できるものとなると考えられるという。

なお、今回の特許はブライトパス・バイオの連結子会社であるアドバンスト・イミュノセラピーに独占的実施権を付与して共同研究が進められているという。
(小林行雄)

関連記事(外部サイト)