B-EN-G、熟練技術者のノウハウを活かしたVR学習システムの提供開始

B-EN-G、熟練技術者のノウハウを活かしたVR学習システムの提供開始

画像提供:マイナビニュース

東洋ビジネスエンジニアリング(以下、B-EN-G)は7月25日、視線追跡機能付きヘッドマウントディスプレイ(HMD)と360度(全方位)カメラを使った仮想現実(VR)学習システム、「mcframe MOTION VR-learning」の提供を開始した。

MOTION VR-learningは、設備の稼働状況や計器のチェックといった固定ポイントでの確認作業を学習するためのシステム。仮想空間上の教材は、仮想空間の元となる情報を作成するための360度カメラと、仮想空間を映し出すためのHMDを使って、ユーザー自身が簡単に作成できる。

学習者は、熟練技術者のノウハウが詰め込まれた教材を再生・演習・確認しながら学習を進めることができるほか、教育担当者は、学習者の視線の動きを、その順番や所要時間の情報をもとに熟練技術者の手本と比較することにより、学習成果を評価することが可能だ。

教材の作成には、同システムがインストールされたPCと、HMDおよび360度カメラが必要。 学習時においても、同システムがインストールされたPCとHMDが必要となる。これらのハードウェア、ソフトウェア、および教材データがあれば、学習場所には制限がない。

1インストールは100万円(税別)から。 PCやHMD、360度カメラは別途用意する必要がある。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)