アンリツ、5G対応シグナルアナライザ「MS2850A」のデータ転送オプションを発売

アンリツ、5G対応シグナルアナライザ「MS2850A」のデータ転送オプションを発売

画像提供:マイナビニュース

アンリツは7月24日、5G(第5世代移動通信システム)などの次世代高速無線通信用シグナルアナライザ「MS2850A」のデータ転送オプションとして、「高速データ転送外部インターフェースPCIe MS2850A-053」と「高速データ転送用外部インターフェースUSB3.0 MS2850A-054」の2つを発売した。

MS2850A-053は、PCIe Gen2x8規格に対応したデータ転送用インタフェースで、10フレームの5G信号データを1秒以下で転送できる。また、MS2850A-054は、USB3.0規格に対応したtype Bコネクタでの転送を可能とするインタフェースで、10フレームの5G信号データを約3秒で転送できる。

同社は、これらの製品により従来の1000Base-Tインタフェースでは約40秒要していた転送時間を短縮することで、5G無線通信機器の開発効率を向上し、2019年から2020年に予定されている商用サービスの実現に貢献していく考えだ。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)