JAL、Watsonによりハワイ島の現地情報を回答する「マカナちゃん」提供

JAL、Watsonによりハワイ島の現地情報を回答する「マカナちゃん」提供

画像提供:マイナビニュース

日本航空(JAL)は7月25日、日本IBMの協力により、チャット形式の自然な対話でハワイ島のおすすめ現地情報を自動回答するサービス「マカナちゃん」の第2弾を同日〜2018年3月31日(24時間)まで提供すると発表した。第1弾では、Watsonの「対話技術(Conversation)機能」を活用し、旅行に関する不安や疑問などにチャット形式で自動回答するサービスを展開していた。

今回は第1弾の対話機能をベースにデザインを一新し、ハワイ島における現地施設情報(レストランやアクティビティなど)の提供、ならびにハワイ旅行に関する空港・機内でのサービス内容や各種現地情報の提供する。

旅行サイト「トリップアドバイザー」と連携し、ユーザーの趣味趣向や旅の目的に応じて、ハワイ島のおすすめ現地情報(レストラン、アクティビティ、観光名所など)を最新の口コミ付きで提示するなど、さまざまな現地情報を提供することで、初めてのハワイ島旅行客の計画をサポートする。また、詳細を確認したいときは「もっと見る」ボタンで、トリップアドバイザーの該当ページにアクセスすることも可能としている。

さらに、Watsonの「性格分析(Personality Insights)機能」も導入。性格分析機能は、さまざまなテキスト解析を通じて、人間の性格の特性、要求、価値観を理解することができる。マカナちゃんにFacebookやTwitterのアカウントでログインすると、過去の投稿を解析して9種類の性格診断結果が出るため、利用者の性格に合ったおすすめ情報が提供されるようになるほか、性格診断の結果により画面のデザインが変化するという。

JALは、今後も顧客との接点となる多様な場所・シチュエーションでのコグニティブテクノロジーの活用を検討しており、顧客満足度向上やサービス提供に積極的に取り組んでいく方針だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)