IBM、「IBM z14」の暗号化機能などを早期に利用可能とするプログラム

IBM、「IBM z14」の暗号化機能などを早期に利用可能とするプログラム

画像提供:マイナビニュース

日本IBMは7月27日、同月発表したメインフレーム新製品「IBM z14」において、暗号化機能や機械学習などの特徴を早期に利用可能とするため「z14発表記念特別プログラム」を同日から今年9月末までの期間限定で提供すると発表した。同プログラムでは、z14の最小構成を特別価格で提供し、データ暗号化、機械学習およびブロックチェーンの技術支援サービスを無償で利用できるという。

IBM z14は150社を超える世界中の顧客からのフィードバックを反映してデータ保護の能力を拡張し、EU一般データ保護規則(GDPR)などの新しい法令遵守を支援する機能を備えていることが特徴。z14を早期に採用する顧客を対象に「z14発表記念 スターター・オファリング」では、「z14による全方位データ暗号化」「IBM Machine Learningによるデータ機械学習」「ブロックチェーン活用」の3つの技術支援サービスを無償で提供する。

機械学習については、機械学習による業務上の課題とその解決策を検討するコンサルティングサービス「機械学習スタート・ワークショップ(0.5日)」とMachine Learning Hubでのワークショップ(2日)を無償で提供することで、メインフレームに蓄積された基幹データの高度な分析を検討中の顧客を支援する。

また、IBMクラウド「IBM Bluemix」上でのハンズオンを行いながらブロックチェーンの構成要素を理解するための「ブロックチェーンスキル習得支援サービス」を提供。メインフレームを中核としてブロックチェーンなどの新しい技術を活用したビジネス成長を目指す顧客を支援するとしている。なお、同プログラムの価格は個別見積もりとなる。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)