プログラミング言語専用の開発環境に人気の兆し - JetBrains

プログラミング言語専用の開発環境に人気の兆し - JetBrains

画像提供:マイナビニュース

Top IDE indexによれば、2017年7月における統合開発環境人気は1位はVisual Studio、2位以降はEclipse、Android Studio、Vim、NetBeans、IntelliJが続いている。上位の統合開発環境は基本的に複数のプログラミング言語に対応しており、さらに拡張機能やプラグインにより機能を拡張できる仕組みになっているものが多い。ただし最近、こうした統合開発環境とは異なる新たなトレンドが生まれつつある。

例えば、「Top IDE index」にはPyCharm、PhpStorm、RubyMineといった開発環境がランクインしている。これらはJetBrainsから提供されている開発環境であり、それぞれ特定のプログラミング言語に特化している。JetBrainsではほかにも次のような専用の統合開発環境を提供している。

PyCharm - Python向け統合開発環境
WebStorm - JavaScript向け統合開発環境
PhpStorm - PHP向け統合開発環境
Rider - .NET向け統合開発環境
CLion - C/C++向け統合開発環境
RubyMine - Ruby向け統合開発環境
AppCode - iOS/macOS向け統合開発環境
Gogland - Go向け統合開発環境

プログラミング言語の人気は、長きにわたってJavaとC言語が2強としてほかを引き離し続けていた。しかし最近では、それぞれのプログラミング言語に人気が分散する傾向を見せている。このためか、これまではJavaやC/C++向けの統合開発環境をほかのプログラミング言語にも対応させたものに人気があったが、それぞれのプログラミング言語専用の統合開発環境にも人気が出てきている。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)