パナソニック、運転中の居眠りを非接触で検知・予測する眠気制御技術を開発

パナソニック、運転中の居眠りを非接触で検知・予測する眠気制御技術を開発

画像提供:マイナビニュース

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、カメラ画像から人の眠気を検知・予測し、覚醒状態を維持させるための眠気制御技術を開発したことを発表した。サンプル対応は2017年10月を予定している。

このたび開発された眠気制御技術は、カメラ画像から測定した、瞬目(まばたき)、表情などをAI処理することにより、初期段階の浅い眠気を非接触で高精度に検知するもの。

これまでに収集された眠気と瞬目、表情などに関するさまざまな計測結果をデータベース化し、その中から瞬目、表情などに関する約1800のパラメータと眠気の関係を生理学的見地に基づき分析するとともに、大原記念労働科学研究所と共同で行った眠気表情の分析結果に基づき、眠気レベルを推定する独自AIを開発したという。

また、同社は着衣の状態にかかわらず、人体からの放熱量が、所定時間経過後の眠気と関係性があることを千葉大学との共同研究で明らかにしているほか、独自の赤外線アレイセンサ「Grid-EYE」を用いて、人の体からの放熱量を非接触で計測する技術も開発。あわせて、環境センサで計測した周囲の明るさと、時間経過が眠気に与える影響も明らかにしている。これらにより、非接触で計測した人の体からの放熱量や周囲の明るさから、現在の眠気がどのように推移するかを予測することが可能になった。

さらに、ルームエアコンの開発などで培った温熱環境と生理学の知見を応用し、奈良女子大学との共同研究で、風流などの影響が大きい車室内などの環境でも適用可能な温冷感推定技術を開発。「Grid-EYE」で人の温熱快適性を常時モニタリングしながら、空調など最適な手段を選択することで、快適に覚醒状態を維持させることが可能になる。

こうした人の放熱量や照度といった車室内環境の計測データを用いて、以後の眠気推移の予測に成功し、さらに人の温熱快適性のモニタリングを併用することで、目的地まで快適に覚醒状態を維持させる眠気制御が可能になるということだ。

同技術により、ドライバーの眠気を検知するドライバーモニタリングシステム、車室内環境から以後の眠気推移を予測する眠気予測システム、快適にドライバーの覚醒状態を維持させるための眠気制御システムを実現し、これらを通じて、居眠り運転の抑制に貢献するということだ。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)