NTTデータと三菱重工、情報システム分野の新会社を設立

NTTデータと三菱重工、情報システム分野の新会社を設立

画像提供:マイナビニュース

NTTデータと三菱重工業(三菱重工)は7月31日、2017年3月30日に発表した三菱重工の完全子会社であるMHI情報システムズ(MHIIS)を母体とする新会社設立に関する基本合意に基づき、株式譲渡契約および株主間協定を締結した。

これにより、三菱重工が設立した準備会社にMHIISの全事業を移管後、その株式の51%をNTTデータが取得し、新会社である「NTTデータMHIシステムズ」を10月1日付で発足させる。

新会社の代表取締役社長にはNTTデータの前代表取締役 副社長 執行役員である椎名雅典氏が就任し、ネットワークサービスやシステムインテグレーション事業について実績を持つNTTデータグループの技術力・組織力を利用することで、三菱重工グループのITインフラ構築・運用・保守や業務系アプリケーション開発などのITサービスの高度化およびグローバル対応力強化を効率的に展開していくとしている。

新会社は本社を東京都港区に置き、事業内容は三菱重工グループ向けITインフラの運用・保守や業務系アプリケーション開発など。従業員数は約930人であり、資本金は4000万円、出資比率はNTTデータが51%、三菱重工が49%となる。
(山本善之介)

関連記事(外部サイト)