AnyPay、逗子海水浴場の海の家で「ペイモQR支払い」を試験導入

AnyPay、逗子海水浴場の海の家で「ペイモQR支払い」を試験導入

画像提供:マイナビニュース

決済サービスを提供するAnyPayは8月4日、同社が運営するわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」について、逗子海水浴場の海の家全店舗で「ペイモQR支払い」を試験導入したことを発表した。導入の開始日は8月3日から。

paymoとは、友人同士で割り勘をすることのできるアプリ。ダウンロードしてからすぐに使えて、アプリ上で支払いについてのやりとりを行うことができる。

ペイモQR支払いとは、個人間の支払いのみに利用ができていたペイモが、リアル店舗でもQRコードを利用して支払いができるようになる仕組み。支払いは、ペイモに登録されたクレジットカードやポイント、My残高からも支払うこともできる。

今回の試験導入では、現金の支払いが中心の海の家においてスマートフォンだけでロッカー代、シャワー代、ビール代といった支払いや友人との割り勘を行えるようになる。

同社では、キャッシュレス化によって、会計上のミスの削減やオペレーションの効率化といった店側のメリットに加えて、スマートフォン1つで海に遊びに行けることによる、貴重品の管理が簡単になるというユーザーのメリットも挙げている。

なお、支払いが可能な商品は、店舗によって異なる。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)