GMOインターネット、「トークントレーダー」のオープンソースを公開

GMOインターネット、「トークントレーダー」のオープンソースを公開

画像提供:マイナビニュース

GMOインターネットは8月8日、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソースとして公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第2弾として、「トークントレーダー」のオープンソースを同日より公開した。

同オープンソースプログラムで構築できる「トークントレーダー」は、第三者機関にトークンを渡すことなく、様々なトークンのトレードを行える取引所が作れるシステム。同システムに基づいた取引所はトークンのトレード契約の仲介を行うのみで、トークンの交換処理はトレーダー間の契約成立を受けてブロックチェーン上の両者の口座で自動執行される。そのため、トレーダーは各取引所に専用口座を開設したり、トークンを移動させる必要がなく、安全な取引環境を実現できるという。

なお、ブロックチェーン上のトレーダーの口座は、トレーダー自身が保有する固有の鍵によって管理されており、取引所の不正アクセスによって口座内の資産が盗まれてしまうといった事態も防げるとしている。

「トークントレーダー」の主な特徴として、トレードの際にIndexerを挟む方式を採用し、完全なP2Pにせず、あえて取引所がトレードの成否確認を行える仕組みにすることで、売主の信頼性担保や、「板情報」の更新などを取引所が的確に行うことができる。

また、ブロックチェーンへの記録にかかる費用をサービス提供者が日本円などでまとめて代払いできる機能を用意しているため、トレーダーや取引所の運営者(Indexer)は仮想通貨で都度支払いをする必要なく、トレードシステムを利用することができる。

トークンはイーサリアムが提唱しているトークンの標準仕様「ERC20」に準拠しており、これに基づいて発行されたものであれば、同システムで構築した取引所において取り扱い可能だという。
(辻)

関連記事(外部サイト)