富士通、機械学習でWebサイト訪問者へのアプローチを自動で行うサービス

富士通、機械学習でWebサイト訪問者へのアプローチを自動で行うサービス

画像提供:マイナビニュース

富士通は8月8日、デジタルマーケティングに関する製品・ソリューション体系「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360(以下CX360)」の新たなラインアップとして、Webサイト訪問者のサイト上の行動をAIで機械学習することで、訪問者の興味関心に合わせた最適なアプローチの自動実行を可能にするサービス「FUJITSU Intelligent Data Service Sitebooster(以下Sitebooster)」を販売開始すると発表した。

Siteboosterは同社のAI技術「Human Centric AI Zinrai(以下Zinrai)」を用いてWebサイト内での訪問者の行動ログを機械学習することで訪問者の興味関心を把握し、商品購入や会員登録などの期待する行動へと繋げるための最適なアクションを適切なタイミングで自動実行するSaaS。Webサイト上の特定領域を長時間見ている訪問者に対して、キャンペーンサイトへ誘導するコンテンツをポップアップ表示するといったシナリオテンプレートを複数準備しており、顧客企業はそれらのテンプレートの中から必要なものを選択し、ポップアップ表示させる画像などを準備するだけですぐに使い始めることができる。

また、Webサイト上での訪問者の行動ログを機械学習し、訪問者の購買行動やWebサイトからの離脱などの予兆を検知するとともに、検知した内容に合った最適なアクションを適切なタイミングで自動実行することができる。アクション内容や訪問者属性を判断するためにCookie情報を必要としないことに加え、行動ログを学習し続けることで予兆の検知精度が向上していくため、初めてWebサイトに訪れる訪問者に対しても最適なアプローチが可能だという。

同サービスを通じて同社は、顧客企業のWebサイト運用業務を省力化するとともに、Webサイトを起点とした売上や会員数の目標達成などのKGIの改善を支援するとしている。

販売価格は初期費用が5万円で、月額費用が10万円〜。2020年度までに300社の導入を目指す。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)