都産技研、ビジネス向け施設公開イベント開催 - イグノーベル賞受賞者の講演も

都産技研、ビジネス向け施設公開イベント開催 - イグノーベル賞受賞者の講演も

画像提供:マイナビニュース

東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、同センターの施設公開イベント「INNOVESTA!(イノベスタ) 2017ビジネスデー」を開催する。開催日時は9月8日 10:00〜17:00(開場9:30)。参加無料。

「INNOVESTA!」は、例年行われている都産技研の施設を公開する催し。一般向けの公開日と、ビジネス向けの公開日の2日程があり、今回は後者にあたる。バナナの皮の滑りと動物関節の粘液の共通性を発見し、「イグノーベル賞」を受賞した北里大学の馬渕清資 名誉教授、そして電王戦に参戦した将棋プログラム「Ponanza」の開発者である山本一成氏らが登壇する特別講演を実施する。

このほか、施設見学や実演に加え、電気用品安全法の概要ミニセミナー、簡易電子顕微鏡の利用体験など、さまざまな分野のなかから選択して受講できる技術者向けワークショップなど、中小企業を対象としたプログラムが行われる。

なお、特別講演やワークショップは事前予約が可能となっている。登録は同イベントWebサイトより。
(杉浦志保)

関連記事(外部サイト)