電通、AI活用を推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI」を設置

電通、AI活用を推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI」を設置

画像提供:マイナビニュース

電通は1月16日、社内の各プロジェクトで開発・運用されている最先端の人工知能(AI)のノウハウと、これまで培ってきた社外とのネットワークを結集し、未来のビジネスに不可欠な要素であるAIの活用を社内外で推進する統括プロジェクトチーム「AI MIRAI(エーアイ・ミライ)」を発足したことを発表した。

同チームはクリエイティブ・メディア・情報システム・働き方改革などでAIを活用している社内40名以上のエキスパートで構成される。具体的には、AIを活用した高度なマーケティングサービスを提供する「AI MIRAI Marketing」、生産性向上、ワークスタイル変革を支援する「AI MIRAI Workstyle」、各パートナー企業と協業して新規ビジネス開発を推進する「AI MIRAI Business」と、当初は3つの領域でサービス・ソリューションを開発していく。

なお、同日、AIによる手書き文字認識の特許を持つAI insideと業務提携を締結し、デジタルトランスフォーメーションおよびマーケティング活用においての協業に合意した。今後両社は、AI領域における共同研究開発を推進し、次世代の高度なマーケティング、業務効率化、ビジネス開発を顧客企業に提供していく。

また、電通は、ラジオ放送局とのスマートスピーカーサービス共同開発の第1弾として、スマートスピーカーを活用した「声優タイマー」サービスの提供を文化放送と共同で開始した。クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応し、「180秒間」を人気声優の花江夏樹さん、日高里菜さんの声で楽しく過ごしてもらう音声コンテンツサービスだ。同サービスの深化・拡張により、「音声メディア」における新たなコミュニケーションサービスの提供を目指すとしている。

今後は社内のAI領域ノウハウの高度化と社外のさまざまなパートナーとの連携を通じ、顧客企業の課題解決に直結するAIソリューションの開発と、社会におけるAI活用のさらなる拡大に貢献していくという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)