Google Chromeに遠隔から制御権を乗っ取られるなど複数の脆弱性が存在

記事まとめ

  • US-CERTはGoogle Chrome(Windows版/Mac版/Linux版)に複数の脆弱性が存在すると伝えた
  • 遠隔から攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権を乗っ取られる危険性がある
  • ユーザーや管理者に内容を確認し必要に応じてアップグレードすることを推奨している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております