たった17.99ドルのアップルウォッチ!? ジム・ビームのアイデアPR商品『腕時計型グラスショット』

たった17.99ドルのアップルウォッチ!? ジム・ビームのアイデアPR商品『腕時計型グラスショット』

記事画像

 防水加工の「Apple Watch Series 2」が発表されたことは記憶に新しいですが、同国の人気ウィスキーブランドも「Jim Beam Apple Watch」を発表したことをご存知ですか? 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:USA
 企業/ブランド:Jim Beam
 業種:アルコール飲料

■Appleの意味? 「青りんご」に決まってんじゃん

 人気ウィスキーブランド「ジム・ビーム(Jim Beam)」。同ブランドが、 どこかで聞いたことのあるような名前の商品『Jim Beam Apple Watch』を発表。エイプリルフールネタのような取組みが話題となっています。

 一見腕時計のように見える『Jim Beam Apple Watch』。

 実はこの商品は、時計とは全く関係のない、約45mlの持ち運び型のショットグラス。時計のような丸い部分にはショットグラスが収納されており、手動で出し入れが可能。

 ウィスキーやカクテルを飲みたい時に、ショットグラスを探す手間を省いてくれるアイデア商品です。

 

 そして、この商品のテーマカラーは青りんごの色である“グリーン”。

 同ブランドは、青りんごのフレーバーが特徴の「Jim Beam Apple」という商品も展開しており、『Jim Beam Apple Watch』の“Apple”は、アップル社ではなくこの商品から取ったとか。

 グリーンを基調としたツイードのストラップに、飾りのダイヤルもグリーン一色です。

 “時計”という名前が付いているものの、時間を告げる機能が全くない『Jim Beam Apple Watch』。ジム・ビームの7代目マスター・ディスティラー(蒸溜責任者)は、この時計が果たす役割についてこのように話します。
「“時間を告げる”ことが出来ない時計に何の価値があるのか?」と人は言うかもしれない。しかし、この商品さえあれば、グラスを探す時間を省け、家族や友人、そして美味しいジム・ビームのための“時間を作る”ことができるのです。

 気になる商品の価格は、アップル社のApple Watchよりもはるかにお手頃な17.99ドル。

 公式ホームページのオンラインショップで事前注文をスタートした所、開始から1日で早くも売り切れとなっています。

●動画はこちら

 

●先週の紹介キャンペーン

 YouTubeで700万再生突破! 次の100年に向けて加速する韓国BMWのPR動画『初めての運転』

 記事転載元:AdGang

関連記事(外部サイト)