東京国立博物館と凸版印刷、VR技術で文化財の魅力を体感する新鑑賞手法を開発

東京国立博物館と凸版印刷、VR技術で文化財の魅力を体感する新鑑賞手法を開発

記事画像

 東京国立博物館と凸版印刷は、VRを活用した文化財の新しい鑑賞手法を開発。9月7日からVR作品『仁清が作った茶壺』の上演を行う。

 東京国立博物館と凸版印刷は、300インチ大スクリーンでの高精細4K-VRライブ上演による多人数鑑賞体験と、ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)によるパーソナル鑑賞体験を融合した、文化財の新しい鑑賞手法を開発。9月7日からVR作品『仁清が作った茶壺』の上演を行う。

 東京国立博物館と凸版印刷は、2007年よりデジタル技術を活用した文化財鑑賞のあり方を開発する共同プロジェクトを進めている。今回発表した新しい鑑賞手法は、スクリーンに投影する4K-VRで、「色絵月梅図茶壺」の表面に描かれた線や描写、製作当時の姿を再現する。加えて、HMDを装着することで、通常は非公開の茶室「六窓庵」に配置した色絵月梅図茶壺の姿を、360度全天周映像で自由に鑑賞できるもの。

関連記事(外部サイト)