朝日広告社、テレビメタデータと人工知能を活用した キャンペーンマネジメントの実証プロジェクトを実施

朝日広告社、テレビメタデータと人工知能を活用した キャンペーンマネジメントの実証プロジェクトを実施

イメージ

 朝日広告社は、統合マーケティングコミュニケーションの開発・推進の一環として、IBM Watsonを活用した新たなキャンペーンマネジメント手法の実証プロジェクトを実施した。

 朝日広告社は、マス及びデジタルマーケティング領域における統合マーケティングコミュニケーション(IMC)の開発・推進の一環として、ゼータ・ブリッジ社のテレビメタデータとIBM Watson日本語版を活用した新たなキャンペーンマネジメント手法の実証プロジェクトを実施した。
イメージ

 同社はビッグデータから見込顧客のパーソナリティ(心理的特徴)と広告レスポンスをリアルタイムに分析・把握して、広告表現とメディア投下・配信を機動的にコントロールする実証プロジェクトを実施した。

 具体的には、テレビのメタデータにより当該キャンペーンのCM投下をリアルタイムで感知し、瞬時にCM接触者のソーシャルメディアへのつぶやきや投稿などの反応・行動を捕捉・解析し、パーソナリティを抽出。広告主にとって最適な優良顧客を発見・理解するためにWatsonを活用した。

 テレビCMのメタデータは、ゼータ・ブリッジとソニーが共同開発したCM自動認識システムによりリアルタイムで自動生成。一方、テレビCM接触者がソーシャルメディアを中心としたSNSに過去投稿した文章をWatsonの「Watson Personality Insights(パーソナリティ・インサイト)」がテキスト分析し、その個人がどのようなパーソナリティなのか数値化したデータを生成した。

 今後、上記の仕組みで抽出したテレビCM反応者のパーソナリティに合わせて、最適な「テレビCMやデジタル広告の出稿プランニング・実行」と「クリエイティブの調整・改善」の運用を検討していく。

関連記事(外部サイト)