BASE、プッシュ通知やアプリ経由の売上等の可視化を可能にする「モール管理機能」の提供を開始

BASE、プッシュ通知やアプリ経由の売上等の可視化を可能にする「モール管理機能」の提供を開始

記事画像

 Eコマースプラットフォーム「BASE」は、9月12日、「BASE」のショッピングアプリにおいて、各店舗をフォローするファンに、プッシュ通知を送信したり、アプリ経由の売上やフォロワー数などを数値化する「モール管理機能」の提供を開始した。

 Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を運営するBASE社は、9月12日、「BASE」のショッピングアプリにおいて、各店舗からその店舗をフォローするファンに、プッシュ通知が送信できる「モール管理機能」の提供を開始した。

 同機能では、プッシュ通知機能のほか、アプリ経由の売上やフォロワー数などの購入者行動を数値化し、集客・販促をはじめとした店舗活性化に有益な情報を閲覧することが可能。
モール管理機能で把握できる数値

 また、同社は、将来的にはセグメント別にプッシュ通知の送信を可能にする等、各機能の拡充。数値分析や、マーケティングツールとしての機能性を高める予定。

関連記事(外部サイト)