電通とハロイド、O2O2Oスキームを共同で企画・開発〜テレビCMきっかけに店舗誘導促す

電通とハロイド、O2O2Oスキームを共同で企画・開発〜テレビCMきっかけに店舗誘導促す

記事画像

 電通とHAROiDは、キャンペーン参加を促すテレビCMに触れた視聴者を流通店舗へと誘導するO2O2O(Onair to Online to Offline)スキームを共同で企画・開発。両社はまず同スキームをコンビニエンスストア各社と連携し広告主に提供していく。

 電通とHAROiDは、キャンペーン参加を促すテレビCMに触れた視聴者を流通店舗へと誘導するO2O2O(Onair to Online to Offline)スキームを共同で企画・開発した。両社は、同スキームの提供を9月20日から開始した。

 同スキームでは、HAROiDが得意とするテレビ起点の大量オンラインアクセスに対応したソリューションとコンビニエンスストア各社が店舗に設置しているクーポン発行端末が連携することで、テレビCMの視聴者をコンビニへと誘導することができるようになった。

 具体的な流れとしては、キャンペーン参加を促すテレビCMを視聴してスマートフォンなどでアクセスした参加者が、応募専用サイトで簡単なクイズなどに答えると、抽選などでコンビニのクーポンが取得できる。取得したクーポンをコンビニ店頭にある発行端末で発行し対象商品と一緒にレジに持っていくと、その商品を無料もしくは割引価格で手に入れることができる。

 また、キャンペーン参加者がソーシャルメディアなどで拡散した情報に触れた人にも、そのキャンペーンに参加する権利が付与される仕組みとなっている。

 なお、応募にはHAROiDアカウントが必要で、登録時のメールアドレスに当選・落選通知が届き、当選者は専用ページにアクセスすることでクーポン情報を取得する。

 同スキームを活用することで、キャンペーンCMによって商品への興味が高まった人々を、短期間の間にコンビニに送客し、新商品発売やリニューアル時の無料サンプリングなどを効率的に行える。

 同スキームに対応している流通店舗は、現時点ではコンビニチェーンのみだが、順次、その他流通店舗にも拡大していく予定。

関連記事(外部サイト)