「ad:tech tokyo 2016」閉幕、総来場者人数は10,445名

 コムエクスポジアム・ジャパンは、「ad:tech tokyo2016」来場者数などの詳細報告を発表した。カンファレンスと展示会場に、2日合計で10,445名が来場(1日目4,104名、2日目6,341名)したとのこと。

 コムエクスポジアム・ジャパンは、2016年9月20日(火)、21日(水)の2日間、東京国際フォーラムにて、8回目を迎えるマーケティングの国際カンファレンス「ad:tech tokyo2016(以下、アドテック東京2016)」を開催。カンファレンスと展示会場に、2日合計で10,445名が来場(1日目4,104名、2日目6,341名)した。

 1日目の来場者数について、同社は展示会場への来場を初めて招待制にしたことや、開催がシルバーウィークの合間であったことなどが影響したと見解を示す。

 また、公式カンファレンスの参加者は1,659人で、内、広告主の来場者は465人となり昨年より増加。来場者比率も28.0%(前年比+5%)となり、過去最高を記録した。なお、海外からの来場者人数は昨年を下回ったものの、国・都市数は30カ国43都市で、前回より増加した。

<アドテック東京2016詳細報告>
●総来場者数:10,445名(1日目4,104人 2日目6,341人)
●公式カンファレンス業種別参加比率:広告主28.0%、広告会社44.3%、オンラインパブリッシャー/メディア11.1%、ソリューションプロバイダー10.3%、その他6.3%
●公式カンファレンス来場者役職割合:経営者/取締役11.7%、局長/部長24.1%、課長13.0%、一般社員 51.2%
●参加者男女比率:男性68%、女性32%
●海外参加者の国とエリア数:アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、シンガポール、香港、中国、韓国、オーストラリアなど、世界30カ国43都市

関連記事(外部サイト)