日本経済新聞社、AIやフィンテックなどビジネスの未来を幅広く議論する場「ビジネス未来会議」オープン

日本経済新聞社、AIやフィンテックなどビジネスの未来を幅広く議論する場「ビジネス未来会議」オープン

記事画像

 日本経済新聞社は、Facebookのグループ機能を活用し、専門家による意見発信の場「ビジネス未来会議」を立ち上げた。AIやフィンテックといったビジネスの潮流を大きく変えるテクノロジーなど、ビジネスの未来を幅広く議論していく。

 日本経済新聞社は、SNSを専門家による意見発信の場として活用する「ソーシャルパネル by NIKKEI」において新グループ「ビジネス未来会議」を立ち上げた。Facebookのグループ機能を使い、日本経済新聞社の編集委員と専門家がパネリストとしてFacebook上で議論を繰り広げる。一般の人も、Facebookで参加申請をして承認を得ると同グループに無料で参加できる。サービス利用にはFacebookアカウントが必要だ。
「ソーシャルパネル by NIKKEI」パネリスト&モデレーター(敬称略)
石戸 奈々子 NPO法人CANVAS理事長
井上 博雄  経済産業省経済産業政策局産業再生課長
岩佐 琢磨  株式会社Cerevo代表取締役
斎藤 祐馬  トーマツヘ?ンチャーサホ?ート株式会社 事業開発部長、公認会計士
鈴木 幸一 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)代表取締役会長
孫 泰蔵   Mistletoe株式会社 代表取締役社長兼CEO
夏野 剛   慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授
松尾 豊   東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授
丸山 茂雄  株式会社トゥー・フォー・セブン取締役
宮内 義彦 オリックス シニア・チェアマン
村口 和孝 日本テクノロシ?ーヘ?ンチャーハ?ートナース?(NTVP)代表
柳澤 大輔  面白法人カヤック代表取締役CEO?
村山 恵一  日本経済新聞 編集委員(モデレーター)
菅原 透   日本経済新聞 企業報道部次長(モデレーター)

 ソーシャルパネル by NIKKEIは2016年4月に開始。これまではマクロ経済についてエコノミストが論戦を繰り広げてきたが、新たな「ビジネス未来会議」のテーマはミクロ経済。AIやフィンテックなどビジネスの潮流を大きく変えるテクノロジーに加えて、新しいコーポレートガバナンスのあり方などビジネスの未来を幅広く議論する場としていく。

関連記事(外部サイト)