LINE公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」が女子高生AI「りんな」のテクノロジを本格活用

LINE公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」が女子高生AI「りんな」のテクノロジを本格活用

記事画像

 ローソンのLINE公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」が、9月28日より、女子高生 AI(人工知能)「りんな」のテクノロジの正式な活用を開始した。

 ローソンのLINE公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」(以下、あきこちゃん)が、9月28日より、日本マイクロソフトの女子高生 AI(人工知能)「りんな」のテクノロジの正式な活用を開始した。なお、今回のローソンの「あきこちゃん」が、「りんな」をベースに他社に技術提供する初めての取り組み。

 ローソンは、「あきこちゃん」からユーザーへの応答の多くをAIで自動化することを考え、女子高生 AI「りんな」のテクノロジと、その提供基盤としてクラウドサービス「Microsoft Azure」を活用することを決定。2016年6月より、「あきこちゃん」の応答をマイクロソフトのAIによる運用に順次切り替え、試験的に運用してきた。

 結果、品質やパフォーマンスなどが問題無いと判断できたことから、正式な活用を開始し、“新生あきこちゃん”の提供を開始する。進化した「あきこちゃん」の特徴は以下の通り。

●「りんな」とは違う、「あきこちゃん」らしい対応

 「りんな」は、時に奇抜で辛口な応対が、ユーザーから好評を得ているが、「あきこちゃん」は、これまでのキャラクターをふまえて、より丁寧で控えめな応対をするとともに、ユーザーとの自然な会話の中で、ローソンの商品やサービス、クーポンなどを紹介する。

●「りんな」の特殊能力を、「あきこちゃん」でも実現

 「りんな」でユーザーが楽しんでいる特殊能力を、「あきこちゃん」でも趣向を変えて実現する。たとえば、「しりとり」は、ローソンに関連した用語だけに限定した、「ローソンしりとり」として楽しむことができる。

●「あきこちゃん」も会話を通じて成長

 「りんな」と同様に、「あきこちゃん」も、AIとクラウドサービスの特性を活かして、ユーザーとの会話を通じて成長していく。より自然な会話が長く続くように成長するとともに、新しい能力も身につけていく。

関連記事(外部サイト)