ユミルリンク、「Cuenote FC」の最新版をリリース〜メールのデバイス別自動配信を実現

ユミルリンク、「Cuenote FC」の最新版をリリース〜メールのデバイス別自動配信を実現

記事画像

 ユミルリンクは、メール配信システム「Cuenote FC」の最新版をリリースした。これにより、デバイス別の自動配信や、HTMLメールとテキストメールの自動送り分けなどが可能になった。

 阪急阪神東宝グループのユミルリンクは9月29日、メール配信システム「Cuenote FC」へデバイス別自動配信機能、Unicode絵文字対応やデバイス別レポートなど、多様化する端末に対応した最新版の提供を開始した。

 今回の機能拡充により、メールの開封やクリックなど、サイトアクセス時にユーザーエージェント情報を取得することで、iPhoneやAndroid、PCなどへ分類し、デバイスごとに最適なメールを自動で送り分けることが可能になる。

 また、レポート画面も刷新しデバイス別やメールの種類や時系列による開封率やクリック率、コンバージョン数などメールの効果を視覚化することができる。この他にも、HTMLメールとテキストメールの自動送り分けや携帯キャリア以外のメールでも絵文字の送信を可能にするなど、多様化するデバイスへの対応を強化した。

関連記事(外部サイト)