デジタルガレージ、ゲームアプリのリテンション支援開始〜LINEビジネスコネクトとアプリ解析ツール活用

デジタルガレージ、ゲームアプリのリテンション支援開始〜LINEビジネスコネクトとアプリ解析ツール活用

記事画像

 デジタルガレージは、ゲームアプリのリテンション施策を支援する「CONNECT BAY for Game Apps」の提供を開始した。

 デジタルガレージ(以下、DG)はAppsFlyerとの提携により、ユーザーの行動に応じたLINE上でのセグメント配信を可能とするゲームアプリ事業者のための、コミュニケーションプラットフォームサービス「CONNECT BAY for Game Apps(コネクトベイフォーゲームアップス)」の提供を開始する。

 CONNECT BAYはDGとクリエイティブホープが共同開発したコミュニケーションプラットフォームで、エンドユーザーを対象にソーシャルメディア上でセグメント別や個別に配信を行うことができる。LINEの企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」を利用しているため、LINE上でのエンドユーザーとのコミュニケーション施策をより効果的に行える。

 今回提供を開始する「CONNECT BAY for Game Apps」では、CONNECT BAYをAppsFlyerが提供するアプリ解析ツール(SDK)「AppsFlyer」と連携。ゲームアプリのユーザーの行動解析からセグメント生成、各セグメントに対して最適なLINE上でのメッセージの配信、配信の効果測定までの一括提供を実現した。同サービスの運用に関しては、DGが一貫して行う。

 同サービスを利用することでゲームアプリ事業者は、特定のユーザーとLINE上でコミュニケーションを取ることができる。さらに、世界トップシェアのアプリ解析ツールであるAppsFlyerが計測するゲームユーザーの行動データ(利用頻度や課金状況等)とLINEアカウントをID連携させることも可能になった。

 これにより、特定のユーザーへのLINE上のメッセージ配信とその効果測定が可能になり、獲得ユーザーへのリテンション効果が期待できる。

関連記事(外部サイト)