クラウド名刺管理サービス「Sansan」が 日経会社プロフィル、日経WHO’S WHOと連携

クラウド名刺管理サービス「Sansan」が 日経会社プロフィル、日経WHO’S WHOと連携

記事画像

 クラウド名刺管理サービス「Sansan」が、日本経済新聞社のビジネスDB「日経テレコン」との連携を開始した。これにより、ユーザーは名刺交換した相手の会社情報や、人物のプロフィル情報をサービス画面から閲覧できるようになった。

 Sansanは同社のクラウド名刺管理サービス「Sansan」において、日本経済新聞社が提供するビジネスデータベース「日経テレコン」の日経会社プロフィル・日経WHO’S WHOとの連携を10月7日より開始した。これにより、Sansanのユーザーは、名刺交換した相手の会社情報や人物のプロフィル情報を「Sansan」のサービス画面から閲覧できるようになった。

 これまで「Sansan」では、名刺に記載されている情報を集積し、独自のデータベースを構築してきたが、今回の連携により、同サービスに取り込んだ名刺に関連する企業の基礎情報、沿革、事業内容、財務諸表や、日経WHO’S WHOに存在する人物のプロフィル情報を閲覧できるようになる。加えて、日経会社プロフィルの情報を用いて「未接触の人物」情報を「組織ツリー」上に表示する機能が実装された。

 「組織ツリー」機能は、会社対会社のつながりを組織図式に可視化するもので、今回の連携により機能を拡張。日経会社プロフィルに存在する人物で、まだ名刺が取り込まれていない未接触の人物を「組織ツリー」に自動で表示する。これにより、ユーザーは、次にアプローチするべきキーマンの候補を簡単に知ることができるようになる。

関連記事(外部サイト)