マーベリック、400を超える病名・症状別のセグメントで広告配信を可能に

マーベリック、400を超える病名・症状別のセグメントで広告配信を可能に

記事画像

 マーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere」は、複数の医療系メディアとデータ連携を行い、医療系セグメントを使用したターゲティング広告配信を可能にした。

 マーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere(スフィア)」は、医療系メディアとのデータ連携を行い、医療系セグメントを使用したターゲティング広告配信を可能にした。

 今回、複数の医療情報系メディアとのデータ連携を完了し、「水虫」「歯周病」「痛風」「アトピー性皮膚炎」などの具体的な病名や「血糖値が高い」「喘息が苦しい」「便秘で悩んでいる」などの症状別で400を越えるセグメントを設置した。これにより、特定の症状や悩みを抱える人への情報提供が、広告を通じて可能となる。

関連記事(外部サイト)