ソフトバンク、 「SoftBank Ads Platform」リリース〜マイクロアド、ジーニーと提携

ソフトバンク、 「SoftBank Ads Platform」リリース〜マイクロアド、ジーニーと提携

記事画像

 ソフトバンクは、高精度なターゲティングデータに基づいた、最適な広告配信を実現する広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」の提供を、マイクロアドとジーニーの協力のもと開始した。

 ソフトバンクは10月13日、広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」の提供を開始した。

 同プラットフォームは、マイクロアドのDSPやジーニーのSSP、PMPといった広告配信サービス機能を有している。さらに2社が保有する膨大なWebやアプリの閲覧データと、ソフトバンクの独自データを組み合わせた高精度なターゲティングデータに基づいた広告配信が可能になっている。

 同プラットフォームの利用企業は、各サービスを利用することで、自社で蓄積したデータとの連携によってさらにデータを絞り込み、潜在購買層の選定や見込み顧客へのアプローチの効率性を高めることで最適な広告配信が期待できる。

 また、今後はIoTデータやTVの視聴データなどとの連携を予定している。くわえて、ソフトバンクが新たに構築したDMPやマーケティングオートメーション「GENERATE Marketing Automation」との連携を視野に入れている。

関連記事(外部サイト)