ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」、Facebookメッセンジャーとの連携開始

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」、Facebookメッセンジャーとの連携開始

記事画像

 プレイドが提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE」は、新たにFacebookメッセンジャーへの対応を開始した。これにより、ウェブサイトの訪問者とのコミュニケーション?段としてFacebookメッセンジャーを活?することができる。

 プレイドは、同社が提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が新たにFacebookメッセンジャーに対応したことを発表した。

 「KARTE」は、ウェブサイトにコードを埋め込むことで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。

 また同社は、2016年3月に同サービスのコミュニケーション手段を拡充する「KARTE TALK」を発表。ウェブサイト上に表示するポップアップメッセージに加え、チャットやLINE、メールなどを利用した接客が可能となった。そして今回、Facebookメッセンジャーが新たな手段として追加された。

 これにより、Facebookメッセンジャーのやり取りはすべてKARTE上で行うことができ、サイト上でのチャットによる会話の続きをFacebookメッセンジャーで受け取れるようになった。

 通常、ウェブサイトがFacebookメッセンジャーに対応するためには、個別の開発が必要だが、「KARTE」であればウェブサイトに変更を加えることなく対応が可能となる。

関連記事(外部サイト)