カゴメ、域生産者と日本の消費者をつなぐ新ビジネス「農園応援」スタート

カゴメ、域生産者と日本の消費者をつなぐ新ビジネス「農園応援」スタート

農園応援で取り扱う商品

 カゴメは、10月18日から、通信販売事業において、新ビジネス「農園応援」を立ち上げた。地方に眠る特色ある果実や野菜を、ストーリーとあわせて顧客に届ける。

 カゴメは、10月18日から、自社で運営する通信販売事業の中に、新ビジネス「農園応援」を立ち上げた。これは、食において高まる「地域」「農業」への関心をビジネスチャンスと捉え、地方に眠る特色ある果実や野菜を、カゴメが通信販売ビジネスで築いてきた仕組みを活用して、顧客に届けるもの。
農園応援で取り扱う商品

 具体的には、カゴメが全国各地の生産者を訪ね、農産物を目利きし、青果や加工品を“いつ・だれが・どこで・どのように”という物語とともに、顧客に届ける。これにより、新たな需要と顧客創出を狙うとともに、生産者の困り事である消費者とのコミュニケーションの構築、安定的な販路の確保、生産量の拡大の課題解決を目指す。

 カゴメは1998年より、通信販売事業「健康直送便」をスタートさせ、店舗では販売していない商品を取り扱ってきた。まずは、同サービスを利用している38万人の既存顧客に対して、オンラインショップやメールマガジンで、「農園応援」を案内する。

 なお、初年度に展開する商品は、山形県上山市にある「果樹楽園うばふところ」の「ゴールド ラ・フランス」および、北海道余市町にある「水尻農園」のトマトを搾った「北海道余市トマトジュース」の2品をオンラインショップで販売。2017年度以降は、取扱品目を拡大していく予定。

関連記事(外部サイト)