トランスコスモス、リアル店舗のモバイル決済データによるCRM展開 マレーシアのフィンテック企業と提携

トランスコスモス、リアル店舗のモバイル決済データによるCRM展開 マレーシアのフィンテック企業と提携

記事画像

 トランスコスモスはマレーシアのフィンテック企業であるSoft Spaceに対して500万USドルを投資し、資本・業務提携を取り結ぶ。ASEANにおいて、リアル店舗のモバイル決済データを活用したCRMソリューションを展開していく狙い。

 トランスコスモスは、マレーシアのフィンテック企業であるSoft Space Sdn Bhd(以下、Soft Space)に対して500万USドルを投資する資本・業務提携に合意した。

 今回の資本・業務提携をうけ、両社はモバイル決済サービスを組み合わせたCRMソリューションを展開していく。スマホアプリから取得できるオンラインデータだけでなく、オフラインの購買データも活用した、広告・クーポン配信、ロイヤルティマーケティング、チャットコミュニケーションが可能になる。

 トランスコスモスは、これまで提供してきたデジタルマーケティング・EC・コンタクトセンターのソリューションに、モバイル決済サービスを加えることで、オフラインの決済データをも活用したCRMでクライアント企業を支援していく狙い。

 Soft Spaceは、mPOS(mobile point of sale)ソリューションなどのモバイル決済サービスを提供しているフィンテック企業。決済事業者などと柔軟に接続可能なクラウド型データセンターの強みを活かし、多様な決済サービスをワンプラットフォームで展開している。

 Frost and Sullivanの調査によると、ASEANのEC市場は2020年までに250億ドルを超えると予想される。特に、小売業やモバイルコマースで大きな需要があり、多くの企業がEC関連事業に参入しているという。

関連記事(外部サイト)