アイティメディア、JR東海エージェンシーと協業 サイネージとネットメディアを連携させた広告商品提供へ

アイティメディア、JR東海エージェンシーと協業 サイネージとネットメディアを連携させた広告商品提供へ

記事画像

 アイティメディアはジェイアール東海エージェンシーと広告商品を共同開発した。メーカーを顧客とするBtoB企業のマーケティング支援が目的。東海道新幹線主要駅のサイネージを起点として、オンラインメディア上に掲載している記事体広告へと誘導を図る。

 アイティメディアは、ジェイアール東海エージェンシーと共同で広告商品を開発する。デジタルサイネージを中心とした交通広告メディアとオンラインメディアを連携させる。

 ジェイアール東海エージェンシーは、東海道新幹線沿線エリアに拠点を持つ広告会社で、東海道新幹線およびJR東海在来線の交通広告メディアを保有している。一方アイティメディアは、ネット専業のメディア企業で「MONOist」「TechFactory」といったものづくりをテーマとしたメディアを運営している。

 今回の協業では、1日の輸送人員が約45万人に及ぶ東海道新幹線主要駅のデジタルサイネージを起点として、アイティメディアがオンラインメディア上に掲載する記事体広告への誘導を実現。メーカーを顧客に持つBtoB企業を主な対象として、広告商品を両社共同で提案していく予定。

関連記事(外部サイト)