小学館、データマーケティング基盤「コトバDMP」開発〜コンテンツマーケティング支援業務を開始

小学館、データマーケティング基盤「コトバDMP」開発〜コンテンツマーケティング支援業務を開始

記事画像

 小学館は、自社メディアのデータを集積したデータマーケティング基盤「コトバDMP」を開発。これを活用し、広告主向けにデータオリエンテッドなコンテンツマーケティングの支援業務を開始していく。

 小学館は、6月9日、データマーケティング基盤「コトバDMP」を開発した。これにより、同社の多様なメディア・コンテンツから得られる月間2.2億PV/5千万UUにのぼる興味関心データを活用した、コンテンツマーケティングの支援業務を開始する。

 「コトバDMP」は、同社が展開するメディア「美的.com」「Oggi.tv」「@DIME」「NEWSポストセブン」「BE-PAL」「サライ」「Suits-Woman」「Menjoy!」「BizLady」「美レンジャー」「WooRis」「VenusTap」からデータを集積。対象サイトは随時拡大していく。

 コンテンツの企画・制作、小学館メディア内外へのディストリビューションを軸に、データオリエンテッドなサービスを提供していく。なお、本リリースに先立ち、サービス開発におけるテストクライアントとしてカネボウ化粧品(ブランド:コフレドール)が協力した。

 2016年7月より、同社はデジタル時代に対応すべく組織・体制を刷新、「Data based "Contents Power".小学館」というコンセプトを掲げ、全社を横断したコンテンツサービスの改革に着手してきた。「コトバDMP」はこの取り組みの一環。同社ならではの多様なメディア・コンテンツに接触する読者・ユーザーの興味関心を「コトバ」レベルで解析し、広告主のマーケティング活動に役立てていく。

関連記事(外部サイト)