自社の顧客は誰か?トリプルメディアの役割を再認識する【DIGIMARCON EAST 2017】

 アタラ合同会社が運営するメディア「Unyoo.jp」から、コラムやキーパーソンへのインタビュー記事をピックアップして紹介する本連載。今回は、2017年5月にニューヨークで開催されたマーケティングカンファレンス「DIGIMARCON EAST 2017」のレポートです。

■世界的な大規模カンファレンス「DIGIMARCON」
2017年のDIGIMARCONシリーズ

 2017年5月8・9日に、米ニューヨークでマーケティングカンファレンス「DIGIMARCON EAST 2017」が開催されました。

 DIGIMARCONとは、”Digital Marketing Conference”の頭文字をとったもの。デジタルマーケティングをテーマとして世界中で開催されているカンファレンスシリーズです。創設者はSearch Experiencesという、検索ユーザーの好みに合わせて検索結果をカスタマイズするソリューションを提供している企業のCEO、Aaron Polmeer氏です。

 カンファレンスの規模としては、非常に大きいです。Docurated社がまとめている、2016年のデジタルマーケティング関連のカンファレンスガイドTOP100によると、最大規模のad:techに次いで2番目の規模とされています。クルーズ客船を約1週間借り切って開催する会もあるなど、予算も大規模です。

 今回私たちが参加したDIGIMARCON EASTでは、下記のテーマがカンファレンスの目的として掲げていました。2014年からスタートして今回が4回目となるようですが、テーマはこの4年間一貫しているようです
Web Experience Management
Usability/Design
Mobile Marketing&Retargeting
Customer Engagement
Social Media Marketing
Targeting&Optimization
Content Marketing
Marketing&Sales Automation

 これらのテーマから感じることは、トリプルメディアで表すのであれば、ペイドメディアだけでなくオウンドメディア・アーンドメディアでのマーケティングにもヒントが多いイベントであるということです。

■マーケターや大学教授などが多数参加

 DIGIMARCONはペイドメディアだけでなくオウンドメディア・アーンドメディアのマーケティングを扱うイベントということもあり、事業主側のプロダクトマネージャー、ブランドコミュニケーションやソーシャル戦略の担当者など、自社のマーケティングに従事する方が参加者には多く見られました。その他にもコロンビア大学やテキサス大学などの大学教授も参加しており、「広告」という視点だけでなく、マーケティング全体を捉えて活動されている方が多いように感じました。
会場の様子

 展示ブースでは、メールマーケティングツールやSNS管理ツールなど、チャネル別に応じたコミュニケーション管理系のソフトウェアを中心とした出展が多くみられ、このあたりもDIGIMARCONらしいスポンサーが集まっている事がうかがえます。
出展ブースの風景

 では次に、広告に関連性のあるセッションをピックアップして紹介していきます。

続きはMarkeZineで

関連記事(外部サイト)